中小企業の危機管理対策・BCP(事業継続計画)策定

中小企業の危機管理対策・BCP(事業継続計画)策定

「企業危機管理対策から、ビジネス体質強化へ!」
コンプライアンス、パワハラ・セクハラ、時間外労働の上限規制・罰則化、コロナ対策、震災対策、SNS炎上と企業情報の漏洩…こうした問題に対して、社会保険労務士・企業危機管理士が、危機管理対策や働く環境の整備・改善で、御社のビジネスを強力にサポートします!
 
会社の持続的な成長に向けては、自然災害に備える「準備力」、取り巻く環境変化への「対応力」、会社内部の環境を整える「整備力」これらを絶えず強化していくことが“成長し続ける会社”には求められます。
 
HK人事労務コンサルティングオフィスでは、まずは「準備力」として、BCP(事業継続計画)の策定をサポート支援しています。
BCP(Business Continuity Plan)とは、
会社が自然災害や大規模テロなどの緊急事態に直面したような状況にあっても、事業を絶えることなく継続させていくための手段や手法などを取り決めておく計画のことです。
緊急事態は突然発生します。
策定したBCPにもとづき、有効な手立てを講じないと、会社は、廃業や事業縮小のリスクに直面することになります。
 
まだまだBCPを策定していない会社が多く存在します。今回のコロナ禍に直面し、多くの会社が、自然災害などにあらかじめ備えておくことの重要性を肌で感じ取ったのではないでしょうか。災害は新型コロナだけではありません。いつ襲ってくるか分からない自然災害に備え、BCPを策定しておくことで、事業を継続できる体制を整えることが求められます。
 
また「対応力」「整備力」としても、社会保険労務士・企業危機管理士としてコンプライアンス対策・企業危機管理対策のみならず、労務管理の見直し・社員教育などについてもサポートし、企業の持続的成長を支援しております。ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。

当商品・サービスを提供している企業

会社危機管理対策および人事労務全般に関するコンサルティング