ひとりITのミカタ

ひとりITのミカタ

企業において、ひとりの担当者がIT関連業務をすべて行なっていることをひとりIT部門と呼んでいます。ひとりIT部門では、サーバのバージョンアップ、パソコンの資産管理、スマートフォン・タブレットの会社貸与など社内のIT環境の整備をひとりで対応しなければなりません。しかしながら、最適なITの導入・活用のため、いざクラウドサービスを検討したり、スマートフォン・タブレットを導入しようと思っても、何から始めて良いのかわからない、誰にどのように相談すれば良いのかわからないという状況になることも少なくありません。
 
また、IT企業において、営業活動をひとりで担当している場合をひとりIT営業と呼んでいます。ひとりIT営業では、顧客を訪問し、要望・課題を確認することから始まり、自社の製品・サービスで要望を満たせるのか、他社の製品・サービスを組み合わせて課題を解決できるのかをひとりで判断していくことになります。しかしながら、顧客へ最適なITを提供するため、どんな製品・サービスを選択、比較したり、どのように組み合わせて提案したら良いのかわからない、新しい製品・サービスの企画を誰に相談すれば良いのかわからないなど、たびたび相談される内容です。
 
RepStyleは、”ひとりITのミカタ“を掲げ、ひとりで困っている、悩んでいるIT部門、IT営業の相談窓口となり、代わりに運用支援、導入検討、営業活動、商品企画などを実施させていただくサービスを提供しております。​サービス内容の詳細、ご不明点、または、無料相談サービスのお申し込みは、お問い合わせください。

当商品・サービスを提供している企業

ひとりIT部門代行、ひとりIT営業代行