第1章~幼少期の経験が生んだ経営理念~