第1章~劣等感に満ちた学生時代、そしてアメリカへ~